髙橋美緒ホルンリサイタル

— 地元明石市にて在独20周年記念リサイタル —

明石市出身のホルン奏者(現在、ドイツ連邦共和国ザクセン州警察音楽隊所属)の髙橋美緒が、留学したドイツ・ハノーファ音楽演劇大学で共に学んだ矢島愛子さん(ピアノ)、柳田慶子さん(ヴァイオリン)をスペシャルゲスト迎え、旧友とともに開催するコンサートです。

ごあいさつ

開催日時
令和4年8月5日(金)19時開演
        *開場 18時30分
会  場
子午線ホール(アスピア明石北館9階)
     *JR明石駅から東へ徒歩3分
主  催
アート企画dosso
後  援
明石市 明石市教育委員会 
(公財)明石文化国際創生財団
神戸新聞社 明石ケーブルテレビ
明石市吹奏楽連盟
ドイツ連邦共和国総領事館
入場料
一般 一人2,000円
高校生以下 一人1,000円
チケットのネット予約など
     *代金は当日払い可   
 ①下のチラシ記載のQRコード
 ②次のURL  
https://ws.formzu.net/dist/S98167540/
 ③メール
   art.dosso@gmail.com
 ④電話  090-9698-2507(わだ)

 

 ご挨拶  髙橋 美緒
 この度、大蔵中学校吹奏楽部時代の恩師・藤岡勝義先生をはじめとする多くの先輩や関係者の方々のお力をお借りし、故郷明石市にて、渡独後初のリサイタルを開催させていただく運びとなりました。
 思い返せば2002年秋、ドイツ語のドの字もままならぬまま、ふとしたきっかけから留学させていただくことになり、気ままで行きあたりばったりな第二のホルン人生をスタートいたしました。様々な出逢い、別れ、喜びと悲しみ、苦しみ、失敗と学び……。経験するすべての事柄に適期があり、意味があるのだな。と、感じる今日この頃です。
 さて、今回のリサイタルでは、そんな出逢いの中から、私が最後に学んだハノーファー国立音楽演劇メディア大学で共に時を過ごしたピアニスト矢島愛子さんと、ヴァイオリニスト柳田慶子さんをお迎えして、様々なクラッシック音楽をお届け致します。
 在独20周年という一つの区切りに、このような形で演奏させて頂けることに心より感謝致しますと共に、ご来場くださる皆様との出逢いを楽しみにお待ちしております。

PROGRAM
L.バークリー:ヴァイオリン、ホルンとピアノの為の三重奏曲 作品44
F.シュトラウス:ノクターン/夜想曲 作品7
G.ファス:独奏ホルンの為の4つのカプリチオ
J.ブラームス:ピアノ、ヴァイオリンとホルンの為の三重奏曲 変ホ⻑調 作品4 他

PROFILE
髙橋 美緒(たかはし みお)
12歳より明⽯市⽴⼤蔵中学校吹奏楽部にてホルンを始める。
兵庫県⽴明⽯南⾼等学校を経て⼤阪芸術⼤学演奏学科を卒業後フリーランスの期間を経て、渡独。
2008年にドイツ国⽴ハノーファー⾳楽演劇メディア⼤学を優秀な成績で卒業後、2009年ザクセン州警察⾳楽隊に⾸席ホルン奏者として⼊団、現在に⾄る。
これまでにプフォルツハイ⼛室内管弦楽団、プラハ室内管弦楽団などの演奏会に客演、2012年 2014年にはMusikalischer Sommer in Ostfriesland (オストフリースランド夏期⾳楽祭)にて室内楽、オーケストラで、恩師ヤン.シュレーダー⽒と共演。
渡独後の⽇本での正式な演奏会は今回が初となる。


柳田 慶子(やなぎた けいこ)
鹿児島県鹿児島市出身。2歳半よりヴァイオリンを始める。
第52回全日本学生音楽コンクール九州大会バイオリン部門中学生の部第1位、全国大会出場。1999年九電ふれあいコンサートにて九州交響楽団とソリストとして共演。第1回クロアチアにおける国際交流コンサートオーディションヴァイオリンソロ部門第2位(部門最高位)
2004年よりドイツ国立ニュルンベルク音楽大学ガストステューデント、2005年よりドイツ国立ハノーファー音楽演劇メディア大学演奏家専門コースに在籍。在学中ソリスト、コンサートミストレスとしてカンマーオーケストラハノーファー、ハノーファー国立音楽大学教育課程専門コース並びにジャズ科オーケストラと共演。在学中ハノーファー音楽大学講師のI.ラウフス氏よりジャズオーケストラとヴァイオリンソロのための小品「SPEC」を献呈され、初演。
2011年よりドイツのエーデルホフ・リックリンゲン財団の奨学生として数々の演奏会に出演。
帰国後、東京と鹿児島にて数々のリサイタルを行い、これまでにピアニスト、ハイオウ・チャン、岩崎淑、⻑田美紗子、キリム・ベルガゾフ、坂本真由美と共演。
2020年よりエストニアのオンライン国際音楽コンクール「Music and Stars Awards」の審査員。また、2022年ヨーロッパのクラシック専門レーベルよりCDデビューを控える。
現在、島村楽器ヴァイオリン科講師、「Musik Gemeinschaft Hannover TOKYO」代表理事、グリーグ協会演奏家会員。
これまでに松村英夫、吉川朝子、H.ツァック、D.ゲーデ、V.ロビン、U.シュナイダー、A.コステツキの各氏に師事。


矢島愛子(やじま あいこ)
桐朋学園大学ソリストディプロマコース修了。ロームミュージックファンデーション奨学生として渡独。
ドイツ国立ハノーファー音楽演劇メディア大学を首席で卒業。同大学院修了。国家演奏家資格取得。
若い音楽家の為のチャイコフスキー国際コンクールファイナリスト。ルーセル記念ソフィア国際コンクール第2位、浜松国際ピアノアカデミーコンクール第3位、ダルムシュタット・ヨーロッパ・ショパンコンクール第2位、エリザベート王妃国際コンクールセミファイナリスト、園田高弘賞ピアノコンクール第2位、ガバラ国際ピアノコンクール優勝等、国内外のコンクールに多数入賞。
現在までに、中村紘子氏推薦による若手演奏家シリーズにて佐川文庫でソロリサイタル、10回浜松国際ピアノアカデミー、オープニング・ガラ・コンサート、日本ショパン協会例会リサイタル、ダルムシュタット・ショパン協会、オーストリア・フェルトキルヒのショパン協会の招きによりソロリサイタル、ラ・フォル・ジュルネ・エリアコンサート、日本ショパン協会ショパンフェスティバル、ドイツ、フランスの音楽祭に出演するなど、国内外で演奏活動を行っている。
これまでにアサネータ・ガヴリーロワ、コンスタンティン&ジュリア・ガネフ夫妻、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、岡本美智子、アリエ・ヴァルディ、ボリス・ペトルシャンスキー、オクサナ・ヤブロンスカヤの各氏に師事。日本ショパン協会正会員、ステーンハンマル友の会準会員。日本女子大学にて後進の指導にあたる。
公式ウェブサイト
公式ウェブサイト www.aikoyajima.com
https://ja.keiko-yanagita.com

主催者ご挨拶  アート企画dosso(本梅靖子・和田秀美)
「お久しぶりです!お元気ですか?」のメッセージと共に、髙橋さんから故郷「明石」でのコンサート開催についての相談があってから約1年。本日無事に開催できる事嬉しく思うとともにほっとしています。
 30年ほど前、共にコンクールなどに向かって楽器と向き合っていた中学時代が、とても懐かしく思い返されます。その後、ドイツ留学されたと聞き、そして20年。並々ならぬ決意と覚悟があってのドイツでの生活だった事と思います。今日は髙橋さんのさまざまな経験や想いがのせられたホルンの音色を、私達もドイツの自然や風景を思いながら浸りたいと思います。
また、柳田慶子さん、矢島愛子さんには、本日共演のため、遠方よりお越しくださり、また髙橋さんの故郷でのコンサートの開催に向けお力添えをくださったこと、心より感謝申し上げます。
どうぞ当日は、共に学んだ素晴らしいアーティスト3人のハーモニーを心ゆくまでお楽しみください。             

タイトルとURLをコピーしました